動画の有効活用

商品であれサービスであれ、動画を有効活用した広告宣伝や購買に結びつける活動は大きな流れになっています。もちろんインターネットで商品やサービスのウェブサイトに連動させて活用するだけではなく、店頭などでも映像を活用することで大きな効果を生み出すことができます。それだけではなく様々なメディアを活用するにあたって動画を様々な形式で再生することによって活用することも可能でしょう。
ポイントとしては、ユーザに飽きることなく見てもらうためには10分以上のコンテンツにはしないことだと思います。そしてできるだけ軽く保存できる形式を考え、スマートフォンやパソコンタブレット端末、さらには店頭でも簡単に再生できる形式で保存することも大きなポイントになるでしょう。インターネット上では再生回数が大きなポイントになりますが、店頭で利用する場合には評価指標がないのでなかなか難しいところではあります。
それでも、どれだけ実売に結びつくかが店頭の大きなポイントになるので費用対効果を図る場合は実際に映像を活用した場合どれだけ売り上げが伸びたかと言う指標を設けるのも良いと思います。
このように動画を制作するにあたっては安全にプランニングすることが大事です。目的や用途、どのような場面で活用するか、どのような目標を立てるかと言うところまで想定して動画のプランニングを行えば非常に有効に活用できることになると思います。 
これまでのようにインターネット上に形質を行い、リンクを貼ってどれだけうまく再生するかというのが目標ではなくその先にある購買やサービス利用まで想定しなければ差別化を図ることが難しいのが現状です。
これまではテレビやインターネット、新聞に訴求するにあたって広告代理店にトータルプランを提案してもらっていましたがより軽くコンテンツを制作していくためにもYouTubeを基盤にして活躍しているようなクリエイターにトータルの提案を行ってもらい、動画の制作まですべてお願いした方が政策的にはプラスになっていくかもしれません。 
これまでもメディアミックスでの宣伝訴求は重要性が訴えられていましたが、これからはメディアミックスに動画をいかに有効活用していくかが大きなキーワードになってきます。高精細な動画が必要なかったところ今後はインターネット網の進化により高精細な動画も必要とされる時代がやってくるでしょう。 これまでもメディアミックスでの宣伝訴求は重要性が訴えられていましたが、これからはメディアミックスに動画をいかに有効活用していくかが大きなキーワードになってきます。高精細な動画が必要なかったところ、今後はインターネット網の進化により高精細な動画も必要とされる時代がやってくるでしょう。プラットフォームの進化に合わせた動画の活用方法が重要です。