さらに重要性が高まる動画でのマーケティング

これまではリアルとウェブの融合をどのように図るかと言う議論が行われてきました。
しかしながら世界的なコロナウィルスの影響や働き方改革の流れもありさらにその議論が加速し、具体的な動きが進んでいます。
そして、これまで以上に非常に重要視されているのがウェブサイトであり、その中でも重要なコンテンツとして挙げられるのが動画でしょう。
単なる動画ではなく、バーチャル体験ができるコンテンツが求められるようになっています。例えば、世界的な流れとして移動が推奨されない中においては、世界各地で行われる展示会もバーチャルで実施されるようになっています。また、様々なミュージアムについてもバーチャル体験ができるような施設がこれまで以上に増えています。
もちろん初期投資にこのようなコンテンツを制作することが負担になる事は言うまでもありません。しかしながらいちど制作してしまえば常設の施設であれ、展示会であれ、大きな修正を加えることなく半永久的に利用できると言うメリットがあります。
さらに言えば、いちど制作することさえできればどのようにアクセスを伸ばすことができるかを考えることだけで他の販売促進PR費用がかからないことになります。
施設や企業としてこのような投資方法は中期的、長期的に見たときに非常に効率的であり、どんどんその傾向が進むのではないかと思います。
バーチャルの良さは、数多くの方々がいちどに体験することができること、さらによりリアルに近い体験をウェブサイトで行うことができることにあります。
さらに、このような動画にはバーチャル体験を行うことでリアルな場への誘引を図ることも可能です。
そしてここからが重要なのですが、リアルな場を体感してもらうためにどのようなメリットがあるのかを常に考える必要があるのです。実際に動画やバーチャル体験で施設をある程度体感してしまうとリアルな場に行く必要ないと言うレベルでは、リアルの場の存在意義がなくなってしまうからです。
リアルとバーチャルを融合すると言う概念そのものは変わりませんが、バーチャルを強化するとともにリアルも強化しなければ結局のところ、リアルの場が弱まるだけになってしまいます。そしてバーチャルの場を強化するためのツールが動画になると考えれば非常にわかりやすいのではないでしょうか。リアルなまでの貴重な体験をどのように作っていくかを考えることが次の大きな命題になるのではないでしょうか。
リアルとバーチャルを融合すると言う概念そのものは変わりませんが、バーチャルを強化するとともにリアルも強化しなければ結局のところ、PRの場が弱まるだけになってしまいます。そしてバーチャルの場を強化するためのツールが動画になると考えれば非常にわかりやすいのではないでしょうか。リアルな場での貴重な体験をどのように作っていくかを考えることが次の大きな命題になるのではないでしょうか。