バズを扱うならスピード命

自分のYouTubeのチャンネルやsnsのアカウントを閲覧数を増やすための方法の一つとしてバズがあります。
現在YouTubeでご飯を食べているいわゆるyoutuberと呼ばれる方々がひと昔と比べてとても増えている印象です。YouTuberの方々が人気になっていった手法はたくさんありますが、一番容易で安直なやり方がバズだと思っています。
バズらせる方法として一番目立っているやり方は不謹慎、軽犯罪、他人の不幸に踏み込むなどいろいろあります。
また一つバズった動画があるとして、そこにあやかりアクセス数を増やすやり方も最近では多く観るようになりました。
いまいくつか上げましたがどの手法においてもスピード感が命だと思いました。
少し前に日本では違法の大麻を海外で使用するYouTubeチャンネルがいくつか出てきました。
そのうち同じようなチャンネルが何個も増え始めましたがあまりにも視聴者層が狭く登録者を順調に増やせていったチャンネルは先行的優位性を取れた数えれるくらいのチャンネルだけでした。
他人の不幸や過ちなどをネタにするのも企画力としては安易に思えますがいつでもどこでも他人の動きに敏感なアンテナを持っていなければ難しい題材です。
そしてそういったネタは何人も扱っていたとしてもアクセスが集中するのは先行的優位性を持った
極々一部のチャンネルだけです。
不謹慎な内容の投稿でも一時的には大量のアクセスをとれることはあります。
twitterではこの方法でいいねやリツイートを沢山取得している人はよく見かけますが、やはり知名度と人気は全く別でただ悪目立ちするだけの人ではアクセスを継続させるのはとても難しいです。
結論どういった方法でバズらせるのが良いのでしょう?
やはりバズった先のことを考えるとそこそこ人間的にも視聴者からは愛されるキャラクターを作り上げるべきだと思います。
他人の不幸や過ちを主なネタとしてYouTube活動をしているシバターは一見冷酷で酷い方ですが長く愛されているのにはそれなりの理由があると思います。
ネタとしてぶった斬られる側も嫌な思いをせず
話している内容は自分の愚痴とゆうよりも客観的な内容がほとんどを占めています。
ヒールを演じてアクセスを稼ぐやり方は確かに王道的なやり方よりは安易だと思いますが、そのキャラクターを長く愛してもらえるような工夫はかなり難易度高いと思います。
まとめとしてバズりやすいネタはなるべく誰よりも早く扱うことと
バズりやすくするためにヒールを演じつつそのキャラクターを皆に受け入れていただく工夫が必要だと思います。